読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一つの終わり

Another End

「もういいの?」 「うん、僕はもういいよ」 「そう、良かったわね」

浜辺に横たわる二人、満ちることの無い心。

それはもう一つの終わり、始まり。

世界が崩壊し、すべては溶け合った

それは絶叫と混乱にある赤子のようだった。

補完。 補いあい、完全なる存在になること。

満ちた心になること。

f:id:neongenesis_ch:20061211125957j:plain

世界の終わりの日、全ての人は一つになった

アダム、リリスから生まれた全ての生命は、再びたった一つの、生命へ。

生命としてひとつになり、永遠に漆黒の空間を漂い続けること

満ちた赤子になること

それこそ「母」の願いだった。

「この地獄のような世界で生きていくのか、この子は。」

父はそう言った。

母は違うことを言った。

「生きていれば幸せになることはできますよ。だって、生きているんですもの」

母はそう微笑んで、消えていった。

f:id:neongenesis_ch:20151006234843j:plain

結局、父も母に還っていってしまった。

・・・父さん。

母さんは、怖いよ、暴力的だよ、と、そう思う。

その愛は、僕らを傷つけるんじゃないのかって。

だってほら、今、こうやって混ざり合って、悲鳴ばかり聞こえるもの。

これが終わりでいいのだろうか。

しばらくしたら落ち着くのだろうか。