読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短編:ぼくらの補完

 たゆたう波の間。

 起きているとも寝ているとも言えない意識。おぼろげな意識。

 そこで僕らは手を繋いでいた。

 

 波は気持よく、そこに浮かんで溶けているような心地がした。いつしか僕は何も考えず、そこにただ「在る」ようになった。

 

 隣にいるのは誰?

 わからない

 温かい手?冷たい手?

 

 時折強く握られるようにも感じる

 

 しばらく漂い、いつしか砂浜に打ち上げられた

 

 「ねえ、・・・?」

何かが聞こえたが、言葉がうまくわからなかった。

「ねえ、・・・した・・ある?」

よくわからない

「よくわからないよ。なんて言ってるの」

自然と言葉が出てきた。

しばらく無言のあと

「ねえ・・・キスしたこと、ある?」

キスしたことある?そう聞こえた。

あるようなないような。

「よくわからない」

「ねえキスしましょうよ」

いきなり唇が押し付けられた。息ができない。

顔を見たら、知っている娘だった。嫌いじゃない。キスをしている。

「で、どうなのよ?」

「うーん、いきなりわからないよ」

意識はまだおぼろげだ。

そしてまたたゆたう。

砂浜で手をつないだまま、その娘と寝転んで夜空を見ていた。

夜空は血に染まり、星が流れ、美しかった。