読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「Moonlight」を観た感想

「Moonlight」はアメリカの貧困地域の黒人コミュニティを描いている

主人公の少年がいかにしていじめられて無気力になって成長していくか、という描写をひたすら描く。ゲイであることは問題の一部でしかないかもしれない。

そういう意味で、イデオロギーばっているわけでもないし、なにかの道徳性を押し付ける映画でもなく、結論がハッピーであるかもわからない。それがすごく良いと思った。

アメリカという国で、白人と黒人で分断されているというのもよく描かれている。白人の人物はほとんどゼロ。貧困地域で、黒人しか出てこない映画なのだ。現代のアメリカを描いた映画なのに。

これがアカデミー賞??って前半は思ったし、アカデミー賞と聞いていなければ20分くらい観て辞めてしまうだろうなと思った。黒人社会のドキュメンタリー風映画だから娯楽性は少ない。それこそ「ラ・ラ・ランド」みたいなミュージカル演出もエンターテイメントな演出も皆無。恋愛も皆無。本当に皆無なのである。

でも、これがアカデミー賞に選出された理由は見終わってよくわかった。これは文句なしに素晴らしいなと。

いまのアメリカだからこそ、こういった「苦しむ人間の姿」を人種的な偏見や性指向の偏見への差別を踏まえて、空気を写しているかのように、自然と、ウザくなく描写する。だけどどうなるのだろうと観客すべてが息を飲む。

そんな映画なのだ。

日本人だから黒人社会のことなんて見たことも無いしわからないけれど、そこで描かれているのははるかに政治を超えた政治のように思える。

黒人のための黒人による映画。

すべての人種、差別を受けている、それでも死なずに生きている人のための映画。

上映部屋も小さく。人は多くなかった。カップル向けでも無い。
受賞後の日本版のPVは反吐が出る作りだった。

 

受賞前のコレのほうがいい

 


アカデミー賞候補作!『ムーンライト』本国予告編